×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウェッジソールパンプス・サンダル・ミュール

グラディエーター・サンダル

ウェッジソールパンプスの種類や履き心地などの感想です。ウェッジソールとは「楔型の靴底」という意味で、靴底の土ふまずの部分にくぼみがなく、靴底と地面の接地面積が広いのが特徴です。グラディエーター・サンダルの紹介。




 CONTENTS
ウェッジソールサンダル
ウェッジソール防水対策
ウェッジソールの人気ブランド
ウェッジソールのサイズ
ウェッジソールサンダル・通販
ウェッジソールパンプス1
ウェッジソールパンプス2
グラディエーターサンダル
パイソンサンダル
ミュール・通販で激安
サンダル・ミュール
リボンミュール
ミュール黒


 スポンサードリンク



 グラディエーターサンダル(ボーンサンダル) 



「グラディエーターサンダル」とは、革のベルトを編みこんだタイプのサンダルで、革を骨のように編みあげている(見た感じあばら骨に見える)ことから、別名「ボーン・サンダル」とも呼ばれています。


このグラディエーター・サンダルが注目を集めたのはミラノコレクションでモデルが革のサンダルで登場し、それが話題となったようです。日本の各メーカーもこの流れに便乗してグラディエーター・サンダルを取り入れ、さらにファッション雑誌でもグラディエーター・サンダルをひとつのアイテムとしてボヘミアンファッションなどのコーディネートに取り入れた。


グラディエーター・サンダルには、ここ数年人気が定着しているウェッジソールタイプ、ハイヒールタイプ、ひざしたのふくらはぎまであるロングタイプ、ショートタイプといろいろなデザインがある。アメリカ映画「グラディエーター2000」で、古代ローマ剣闘士が履いていた靴に似ていることからこの名前がついたようですが、特にロングタイプのグラディエーター・サンダルは独特の雰囲気があります。(いい写真がありませんので、通販のホームページでご覧ください。)


ファッション雑誌では、若い方にいま人気のパーカーワンピースとグラディエーター・サンダルとの組み合わせが旬な感じでした。また、グラディエーター・サンダルを選ぶときの注意点は、全体が革のひもで作られているため革ひもの硬いタイプは、足がすれていたくなります。革ひものやわらかいタイプを選ぶのがいいでしょう。


スポンサードリンク



Copyright ©  ウェッジソールサンダルの人気ブランド .All Rights Reserved.